倉北ニュース

沖縄・修学旅行4日目(最終日)

いよいよ修学旅行も最終日となりました。生徒たちは疲れも見えましたが、朝食をしっかり食べている姿にホッとしました。代表生徒が、お世話になったホテルの方に挨拶をし、今回の修学旅行最後の学習場所である「首里城」に向かいました。

荘厳な城門をいくつも通ると現れる生殿は、琉球王国最大の建造物でした。中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式や石組み技術には高い文化的・歴史的価値があるとされ、世界文化遺産に登録されました。他にも園内には、守礼門(しゅれいもん)や園比屋武御嶽(そのひゃんうたきいしもん)などの文化財が点在していました。天候が悪く、少し残念でしたが琉球文化などを感じることができたと思います。しかし写真撮影時には一瞬、雨もあがり学年団揃った写真も撮ることができました。那覇空港から飛行機に乗り伊丹空港に到着するまでの機内は睡眠をとっている生徒が多かったようで、とても静かでした。

加西で行われた解団式では、多くの学びをこれからの学校生活に生かしていきましょうという言葉もありました。いよいよ、4月から最終学年となる2年生の皆さん、これからも多くの場面で成長した姿をみせてください!期待しています!

3泊4日の初の沖縄研修でしたが、また次年度に繋げていければと思います。最後になりましたが、今回の修学旅行に関係し協力していただきました全ての方々に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

1+