倉北ニュース

沖縄・修学旅行2日目

本日は2日目。名護市のホテルを出発し、「美ら海水族館」に行きました。ここは、沖縄の豊かな自然や歴史文化の体験をはじめ、イルカたちとの触れ合いも楽しめる海洋公園もあり、沖縄の大人気スポットの1つです。館内では世界最大の魚ジンベイザメや世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタが観察できる大迫力の巨大水槽「黒潮の海」や謎に包まれた沖縄の深海を再現した「深海の海」など沖縄の海を丸ごと体験することが出来ました。その後、民泊体験のため本部町へ移動しました。本部町は美ら海水族館のある町で、美しい海はもちろん、都会から離れたやんばるの地で大自然に囲まれているところでもあります。そして、昔ながらの集落やコミュニティーの中で沖縄文化をより深く体験できることができます。午後から入村式を終え、それぞれ自分たちがお世話になるご家庭と合流しました。明日の午後に再び生徒たちと会う時に、一段と成長した姿を期待しています。しっかり沖縄の歴史や文化に触れてきてほしいと思います。午後から教員団は研修として辺野古に行ってきました。現在でもよくニュースになっていますが、実際に現地に行ってみるとテレビで観ている光景が、まさにそこにありました。これからも沖縄ということについて学ぶ必要性を強く感じる契機となりました。

 

3+