倉北ニュース

ビブリオバトル鳥取県大会に参戦!

12月8日(日)に行われた「全国高等学校ビブリオバトル2019鳥取県大会」

県内の高校から21名がエントリーし、本校からは2名の生徒が参戦しました。

 

「ビブリオバトル」とは・・・

自分のおすすめの本を持ち寄って紹介し合い、その中から一番読みたくなった本(チャンプ本)を決める書評ゲームです。チャンプ本紹介者は1月に行われる全国大会に出場します。

 

3年蓑原翔太さんは「奇跡のリンゴ(石川拓治著 幻冬舎)」を紹介しました。

もう1人の参戦者、2年堀池輝斗さんは「本と鍵の季節(米澤穂信著 集英社)」を紹介しました。

2人とも大健闘!惜しくも予選突破にはなりませんでしたが、

見ごたえのあるバトルを繰り広げてくれました。

終了後にはやり切った笑顔を見せてくれました。

応援に来てくれた生徒もいて、本の魅力に浸った日曜の午後でした。

 

 

 

 

1+