倉北ニュース

第100回全国高校野球選手権大会鳥取大会にむけて

今年、全国高校野球選手権大会が100回の記念大会を迎えます。本校の夏の甲子園出場は、2006年の88回大会が最後。少し年数があいてしまいましたが、目指す目標は、7回目の甲子園出場と、甲子園での勝利。

今年の春の大会では、99回の優勝校である鳥取城北、98回の優勝校である境、97回の優勝校である米子松蔭が立て続けて敗戦。100回大会では、八頭、米子北、鳥取商、米子東の4校がシード。その下に、優勝経験校同士があたる可能性も秘めており、どこか勝ち上がってもおかしくないくらいかと思っています。

また、夏の大会に向けて、各メディアも、パンフレット用の写真撮影や、取材に学校に来られます。取材の様子から、生徒のモチベーションも高まっていっていると感じます。

戦力的には団子状態だと思いますが、自分たちが、いかにミスせず、崩れず、平常心でプレーできるかで、勝利を手繰り寄せることができると思っています。

今年の記念大会は、7月14日(土)から10日間の日程で行われる予定です。場所はコカ・コーラウエストスポーツパーク野球場(布勢球場)です。 皆さまの声援を力に変え、校歌を一緒に唄いたいと思います。

 

1+