倉北ニュース

3年 人権教育講演会『卒業する君たちへ』

米子市より坂田かおりさん(部落解放同盟鳥取県連合会女性部副部長)をお招きして、3年生に『卒業する君たちへ』というテーマで、人権教育講演会を行いました。

講演開始早々、『挨拶が大事』と、熱く語られ、挨拶を3度やり直した後講演に入っていきました。その後も、自身の経験や、体験を中心に生徒に話され、あっという間の90分でした。

・生きるための人権教育。幸せになるための人権教育。・お互いに、共有し、共感できる仲間の大切さ。・人の値打ちは住所で決まらない。・自分を認めることで他者を認められるようになる。・差別されてもいい命。イジメられてもいい命なんて、ひとつもない。・差別は、自分の想像していないところでおこる。・『差別』は、「する側」と「される側」がいて成立するが、する側の不幸。 など

多くのことを、生徒、職員に投げかけられました。時に、生徒に質問をされ、『答えは自分の中』と言われ、生徒に目をつむって下を向かせ、手を挙げさせられたり、質問を投げかけられたりもしました。

坂田さんは、「自分が好き」になるために、長所も短所も受け入れ、「自分の中に想像できない部分」を認めることを、大切にしていってほしいとも話されていました。

1+