倉北ニュース

硬式野球部~小学生との交流会~

6月18日(日) 倉吉北高校グランドにて、小学生との交流会が行われました。
参加したのは、倉吉総合産業高校の生徒10名。倉吉北高の生徒が28名。
小学生のチームが3チーム(1つ合同チーム)、30名参加しました。

開会式のあと、鬼ごっこを行い、鬼となった高校生は、思った以上にすばしっこい児童に苦戦し、
汗だくになって追いかけていました。
どちらかといえば、小学生の方が涼しい顔をしていました。
そのあと体操して、キャッチボール、守備練習を行いました。

高校生も小学生の気持ちを考え、言葉遣いに気を付けながら、熱心に指導し、
できた時には「ナイスボール!!」、「ナイスキャッチ!!」の声かけ。
小学生も、笑顔で取り組んでいました。
その後、高校生の見本でロングティーを見た後、全員でロングティーと、スイング指導。
1人ひとりが一生懸命、バットを振る姿に、高校生も何か感じたと思います。

この交流会の目的は、鳥取県内の野球人口を増やすこと。
4つの小学校、3つのチームで30人という少なさ。高校においても加盟25校のうち、ベンチ入りメンバー18人に満たない高校が複数あり、
数年後には、野球部が廃部となる高校も出るのではないかと予想されています。
このような取り組みを大切にして、鳥取県内の野球が活発になればと感じました。

0