家庭学科 調理科

食生活と健康

食品と栄養の特性

食品の安全と衛生

調理理論と食文化概論

調理実習

総合調理実習

日本料理・西洋料理・中華料理の専門技術+パティシエにも挑戦できる

調理科では、普通科目と調理の専門科目を履修し、高校卒業と同時に調理師免許を取得することができます。1年次では調理の基礎を学び、徐々にステップアップし、3年次には和洋中の料理を総合的にマスターします。また、パティシエにも挑戦できるようスイーツの技術も学ぶことができます。地域と連携して高校生レストランにも取り組みます。また、調理クラブでは地域と連携をして高校生レストランやバイキング(本校主催)にも取り組みます。

  • ■ 本校調理科は調理師養成施設として厚生労働省の認可を受けています。
  • ■ 高校卒業と同時に試験免除で調理師免許を取得することができます。
  • ■ 和洋中のレストラン・料理店などへの就職、パティシエへの道を拓きます。
  • ■ 教育提携校の辻調理師専門学校などへの入学優遇措置があります。

1年調理科
竹本 充希 さん
(北栄町立大栄中出身)

私は幼い頃から、料理をすることが好きで、将来は調理関係の仕事に就きたいと考え、調理科に入学しました。
調理実習は各班ごとに協力して調理に取り組んでいます。日本料理や西洋料理などの様々な料理の基礎を学んでいます。日本料理では旅館やホテルなどの現場で働いている方々に技術を教えていただけます。
料理をすることが好きな方や興味・関心がある方、将来調理関係の仕事に就きたいと思っている方はぜひ、調理科を受験してください。私たちと一緒に調理科で頑張っていきましょう。

調理科主任
中村 篤志先生

「食」に関することや仕事に興味をお持ちのみなさん、国家資格である調理師免許が取得できる調理科で一緒に勉強しませんか。料理はほとんどやった事がない…でも大丈夫です。一から勉強していきましょう。
調理科では日本料理、西洋料理、中華料理、お菓子料理の基礎を学んでいきます。包丁の使い方やだしの取り方を学び、本格的に料理が作れるように頑 張っていきましょう。
「食」の仕事は人を幸せにできる仕事です。一緒に夢を実現させましょう。

カリキュラム

1年次

一般教科のほか調理理論や食品衛生学など専門科目を履修します。調理実習では、包丁の研ぎ方、握り方から始まり、調理の基礎を学びます。

2年次

栄養学や公衆衛生学などの専門科目を履修します。調理実習の内容は基礎から応用へとステップアップ。インターンシップなどを通して、プロとして使える技術と知識を身につけます。

3年次

総合調理実習の中では、おもてなしの大切さや集団調理、献立作成など1、2年次で学んできたことを活かして調理を行います。進路を決め、自分の夢に向かってラストスパート!!

進学・就職

教育提携校

主な進路先(過去5年の実績)

【進学】
甲子園大学/美作大学短期大学部/大阪成蹊短期大学/鳥取短期大学/辻調理師専門学校

【就職】
ホテルマネージメントインターナショナル/倉吉シティホテル/(株)稲田屋/国民宿舎 山紫苑/ブランナール三朝/フェデネージュ/バルニバービ/浅草ビューホテル/神戸北野ホテル

卒業生の声

山増 浩登 さん (倉吉市立河北中出身)

2019年度卒業 フェデネージュ在職中

私は調理科に入学した当時は、料理のことを全くと言っていいほど知らなかったのですが、高校3年間を通して「料理」という道で仕事をしたいと思えるようにまでなりました。それも一重に同じく調理がうまくなりたいというクラスメイトや親身になって教えてくださった先生方のおかげだと思っています。
私はフランス料理店で料理人をしていますが、毎日楽しく仕事ができています。調理科で学んだ事は今でも自分の自信となっています。

岡本 優花 さん (三朝町立三朝中出身)

2019年度卒業 鳥取短期大学 食物栄養専攻科 在学中

私は調理師を目指して調理科に入学したのですが、栄養学について興味を持ち、鳥取短期大学に進学しました。大学では高校で学んだ事がたくさん出てきます。おかけで授業においていかれる事なく、充実した学生生活を送れています。
「高校生レストラン」など、とても貴重な経験や体験ができました。倉吉北高でしか学べないことがたくさんあると思います。私は倉吉北高で学べて、本当に良かったと思います。

0