家庭学科 調理科

食生活と健康

食品と栄養の特性

食品の安全と衛生

調理理論と食文化概論

調理実習

総合調理実習

国家資格を取得!! 日本料理・西洋料理・パティシエ・中華の一流プロを目指す!

調理科では、普通科目と調理の専門科目を履修し、高校卒業と同時に調理師免許を取得することができます。1年次では調理の基礎を学び、徐々にステップアップし、3年次には和洋中の料理を総合的にマスターします。また、パティシエにも挑戦できるようスイーツの技術も学ぶことができます。地域と連携して「高校生レストラン」にも取り組みます。

  • ■ 本校調理科は調理師養成施設として厚生労働省の認可を受けています。
  • ■ 高校卒業と同時に試験免除で調理師免許を取得することができます。
  • ■ 和洋中のレストラン・料理店などへの就職、パティシエへの道を拓きます。
  • ■ 教育提携校の辻調理師専門学校などへの入学優遇措置があります。

調理科主任
中村 篤志先生

「食」に関することや仕事に興味をお持ちのみなさん、国家資格である調理師免許が取得できる調理科で一緒に勉強しませんか。料理はほとんどやった事がない…でも大丈夫です。一から勉強していきましょう。
調理科では日本料理、西洋料理、中華料理、お菓子料理の基礎を学んでいきます。包丁の使い方やだしの取り方を学び、本格的に料理が作れるように頑張っていきましょう。
「食」の仕事は人を幸せにできる仕事です。一緒に夢を実現させましょう。

3年調理科
蓑原 菜々子 さん
(倉吉西中出身)

調理科では、毎日料理に向き合えます。授業では、週2回の調理実習に加え、栄養学や食中毒についても専門科目で詳しく学ぶことができます。
放課後もクラスメイトと一緒に調理や盛り付けの技術の向上を目指して練習ができるので、免許取得を目指して頑張っています。

カリキュラム

1年次

一般教科のほか調理理論や食品衛生学など専門科目を履修します。調理実習では、包丁の研ぎ方、握り方から始まり、調理の基礎を学びます。

2年次

栄養学や公衆衛生学などの専門科目を履修します。調理実習の内容は基礎から応用へとステップアップ。インターンシップなどを通して、プロとして使える技術と知識を身につけます。

3年次

総合調理実習の中では、おもてなしの大切さや集団調理、献立作成など1、2年次で学んできたことを活かして調理を行います。進路を決め、自分の夢に向かってラストスパート!!

進学・就職

【Bento製作】総合調理実習では大量調理にも挑戦します、衛生的に時間内に仕上げます。

【イベント出店】調理科(調理クラブ)はさまざまなイベントへの出店しています。

【コンクール】料理系のコンテストに参加し、入賞もしています!

【中華実習】中華料理の授業もあり、この日は皮から手作りの餃子を作りました!

【Bento販売】予算に合わせて季節感を考えながら、メニューを作成し、実際にお金をいただいて販売まで行います。

【企業コラボ】地元企業との商品開発にも力を入れます。店頭に並ぶと嬉しい!!

【コンクール作品】うまいもん甲子園入賞作品。SDGsにも意識して商品を考案しました。

【鳥取県調理師連合会】鳥取県調理師連合会所属の講師が来校し、プロの技を修得できます。

教育提携校

主な進路先(過去5年の実績)

【進学】
鳥取短期大学食物学科/美作大学食物学科/鳥取短期大学/辻調理師専門学校/エコール 辻 辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ/広島製菓専門学校製パン科 など

【就職】
(県外)バンズダイニング㈱/ホテル一畑/神戸北野ホテル/バルニバービ/浅草ビューホテル など
(県内)倉吉シティホテル/観水庭こぜにや/国民宿舎 山紫園/ブランナール三朝/ラ・メゾンド・ブランシュ など

卒業生の声

蓮佛 蒼 さん (湖東中出身)

令和2年度卒業 鳥取温泉 観水庭こぜにや 在職中

調理科では、和食・洋食・中華など色々なジャンルの料理を学べます。それぞれ料理によって使う包丁も味付けの仕方も全然違うところが面白かったです。社会に出て、料理の技術はもちろん、挨拶・返事、わからないことは聞くなど、当たり前のことが一番大事だと実感しています。まだまだ慣れないことも多いですが、自分の夢に向かって日々頑張っています。

稲波 琉希 さん (久米中出身)

令和2年度卒業 ㈱チュウブ(打吹回廊) 在職中

調理科は、先輩・後輩の仲もよく、お互いに刺激し合い様々なことに挑戦しながら、楽しい学校生活を送ることができました。また、先生方には進路に役立つ指導をたくさんしていただきました。入学当初、声も小さく忍耐力が無く、なよなよとした性格でしたが、今では自分の考えがはっきり言えるまでに成長しました。今の自分があるのは倉吉北高校のおかげです。