部落解放研究部

顧問 牧田雅啓・徳山高央

部員 2年生 4名 ※常時、部員を募集中!!

〇活動目的・心構え
 身近に存在する差別に対して、向き合える自分自身を目指す

 

〇主な活動

 1.毎週水曜日 昼休憩 ランチミーティング

    各クラスでのLHRの様子や、意見交換など

 2.中部地区高校解放研高校友の会

    ①リーダー研修会 一泊研修会

    ②高校友の会 交流会

    ③部落解放文化祭 文化展示発表

 3.機関紙『アトム』発行

 4.その他

    活動が必要となった際に、放課後に残って、

    頑張って作業をしています。

 5.昨年は、3年生の送別会として、

   たこ焼きをつくり、たくさん作り過ぎたので、

   多くの先生にくばって、食べていただきました。

〇部長コメント
 身近に存在する差別問題をはじめとして、自分自身の中にある偏見を見つめることができています。自ら学んでいく姿勢を忘れず、一人ひとりが生活しやすい環境であったり、自分自身をありのままに出せるように、努力していきたいです。

 

 
部落解放研究部 >> 記事詳細

2016/12/21

カナダとフィリピンのおやつ

| by:部落解放研究部
異文化に触れてみようと、世界(カナダとフィリピン)のおやつ作りに挑戦しました。
きっかけは『せかいの図鑑(小学館)』という本に、おやつが載っていたこと。
材料を買ってきて作りました。

バナナを春巻きの皮に包む作業。

小麦粉、ベーキングパウダー、塩、溶かしたバター、牛乳を混ぜてコネコネ。
大きさは、団子よりも小さく、うずら卵くらいで。

買い出しから、完成まで、約2時間で完成!! 
     左側:カナダのおやつ 「グランペール・ダン・ル・シロ」
     右側:フィリピンのおやつ 「バナナ・トゥロン」
 グランペールは、リンゴとメープルシロップの甘さと、団子のような弾力ある食感で、
 美味しかったです。
 バナナトゥロンは、外はパリパリ。中はトロ~ンと、バナナが食べやすく、
 おやつの感覚で、作りましたが、お腹いっぱいになりました。
来年は、チヂミとピザに挑戦しようという意見が出ました。          解放研でした。
16:31 | 投票する | 投票数(3) | 今日の出来事
ログイン サイトマップ |  免責事項・利用条件 |  個人情報について