部落解放研究部

顧問 牧田雅啓・徳山高央

部員 2年生 4名 ※常時、部員を募集中!!

〇活動目的・心構え
 身近に存在する差別に対して、向き合える自分自身を目指す

 

〇主な活動

 1.毎週水曜日 昼休憩 ランチミーティング

    各クラスでのLHRの様子や、意見交換など

 2.中部地区高校解放研高校友の会

    ①リーダー研修会 一泊研修会

    ②高校友の会 交流会

    ③部落解放文化祭 文化展示発表

 3.機関紙『アトム』発行

 4.その他

    活動が必要となった際に、放課後に残って、

    頑張って作業をしています。

 5.昨年は、3年生の送別会として、

   たこ焼きをつくり、たくさん作り過ぎたので、

   多くの先生にくばって、食べていただきました。

〇部長コメント
 身近に存在する差別問題をはじめとして、自分自身の中にある偏見を見つめることができています。自ら学んでいく姿勢を忘れず、一人ひとりが生活しやすい環境であったり、自分自身をありのままに出せるように、努力していきたいです。

 

 
部落解放研究部 >> 記事詳細

2015/10/08

第22回 中部地区高校解放研高校友の会交流会

| by:部落解放研究部
10月8日(木) 倉吉市にある倉吉人権文化センターにおいて、
『第22回 中部地区高校解放研高校友の会交流会』が行われました。
中部地区の7つの高校から、総勢40名の生徒が参加しました。
本校からは5名の生徒が参加し、全員初めての参加でしたが、とても有意義な
交流会になったと感じています。
午前 : 開会行事   レクリエーション  人権ワークショップ(グループに分かれて)
  交流クッキング ~ソース焼きそば or 塩焼きそば~
午後  5つの分科会に分かれて意見交換・討議
今回のテーマは、「伝えられますか? あなたの想い。大切な人に...~かけがえのない関係であるために~」でした。
「Q.あなたには、言いにくいけど、聞いてほしいこと・伝えたいことがありますか?」という質問から、本音で語り合う分科会ができたと思います。自分自身だけでなく、打ち明ける相手に協力してもらうことや、周囲の理解があれば、大丈夫では・・・と思います。
もし、記事をご覧なった方。どう対応すれば、打ち明けやすいか、考えてみてください。
レクリエーションの様子
ワークショップの様子(1)
ワークショップの様子(2)
18:32 | 投票する | 投票数(4) | 報告事項
ログイン サイトマップ |  免責事項・利用条件 |  個人情報について